おもいついたことをただ書く

公開こそしてるけど、どうせ誰も見ないから、バカッターの仲間にならないことだけ気をつけて適当に書くブログ

くまのぷーさん

昨年ディズニーランドに行ったのをきっかけにくまのぷーさんの完全保存版DVDをレンタルしてみた

一度も見てないか、少なくとも20年は見てないビデオだったけど、
プーさん性格ひどいな!
ラビットの家に行って、そこのハチミツをさも当然のように平らげるし。

まぁ、それはいいんだけど、備忘録的に書き残したいのは、作中の雨のシーンで、雨が黒い線で描かれてたんだよね

個人的には黒澤映画の影響なのかなーと思ったり。違うかもしれないけどさ。
それだけの話

国会議員の育休とか

国会議院が休むなんてけしからんとか言ってる人もいるけど、
俺個人は国会議院こそ率先して育休とらないと一般の会社に広まらんでしょと思う。


逆に介護での辞職や欠席は避けないとこれも今の国の方針に合わないよね
最も国会議院で自身の親が生きてる人なんて少数だろうけど。。。
いや、配偶者の介護とかもあり得るのか。
何にしても育休産休はガンガンとって介護では仕事休まない。そんな国会議院が自分の理想です

株 1~2%の上昇した銘柄は注視するに値すると思う

先週金曜は東証一部の銘柄の確か98%だかが下落
今日に至っては99%が下落

それでも値が上がってる銘柄はあるのだ
今日の値上がり率上位で検索すると、ほぼ投信銘柄と思われるものばかりだったが、
個別銘柄で値が上がってるのは直近にそれなりのニュースがある銘柄だった

どんな株を買うにしても黒字の会社を買うのは基本だと思うわけで、
今日のような情勢で株価をあげてる会社はそういうのが多そう

監視対象に放り込む価値はあると思う

株 暴落

先週からすごい下がってますね

現時点で11銘柄を単元ずつもってるんだけど、それらの合計が先週一時評価益15万あったのに、
金曜日の時点で+7万
今日の時点で-10399円

土日に+になってる銘柄のいくつかについて、このくらいは利益ほしいなーって辺りで指値の売り注文入れてたんですが、
ものの見事に約定せず

明日辺りから電車止まるんじゃない?
一応自分は全額紙切れになっても生活できる範囲でしか投資してないのだけど、流石に評価損になるのは久しぶりだったからショック受けてます。。。



でも、シロート考えでポジティブに考えるなら、最近どんどん株価上がってたので欲しかった銘柄が高値で手を出せないってのがほとんど。
このままある程度下がったところで、中国やギリシャが落ち着いてくれれば、ある意味絶好の買い目になると思う。
ただ、どこまで下がるか見えない以上は、明らかに上昇トレンド入ったって確信できるまでは手出ししない方が良さそう。
どうしてもやるなら出来高多そうな株で空売り


中国のニュース次第では日経平均15000円位まで下がって大損になることも覚悟しとく

株式

SNSで書きにくい事と言えば株日記。
少なくとも僕の周りの友人知人はあまり株式やらFXに手を出しておらず、
(手を出しているとしてもそれをカミングアウトせず)
NISAだなんだ言っても株はやってない人の方がまだまだ多いと思う


興味ない人が多いことに加え、儲けたの損したのだの、生々しい報告は書きづらい。


ちなみに自分は株式は、NISAの始まる2~3年前に手持ち資金約50万位で始めている
いまは大体資金投入は追加50万の元手合計100万位。
評価額は100~130万位。
仕事もしてるし、頻繁に株価をチェックする余裕は無いので、
基本は長期。取得銘柄も株主優待がある銘柄がほとんど。
そんなわけで売買はシロート。
頻繁に売買はしてないので、そんなにしょっちゅう書くことはないと思うけど、研究ノートがわりに書いても良さそう。

意見を書くこと

大学生の1、2年のときが一番なんかSNSで意見みたいなのを書いていたなあ

極論みたいなものを意識して書いてたりしたこともあるし。

自分の中の万能感とかがあったから、あれも一種の厨2病だと思う。

だんだん、この話題は知識がないから自分の意見をしっかり書けない、とかこの話題はどうしようもないよね、みたいな事を言い出してあんまり書かなくなった。


社会人になってからは特に、SNSに労力かけられなくなったのもあるけど、公開範囲を友人などに狭めてるとはいえ、勤務してる会社名とかを公開してるから、うかつに変なこと書けなくなった。


そうやって書かなくなったり、書けなくなったり。でSNSでものの発信ができなくなってしまった。
ただ、意見ってのは、何らかの形でアウトプットしないと、どんどん鈍くなって自分がバカになってきてる気がしてくる

バカなりにここで意見をこねくりまわしたい

はじめに

歳をとってしがらみが増え、SNSに書きにくくなったこと。
そんなものを書きたいように書ければいいと思った。